西南学院大学経済学部 合格 R.K.君(三養基高校卒)

2016年03月18日 13:17

僕の第一志望の大学は英語に力を入れている大学でした。でも、僕は英語が苦手で学年でも下の方でした。他の教科も特に長けた教科はなくどれも中途半端でした。そのため、夏の面談では学校の先生に厳しいと思うと言われていました。それでも、志望の大学に受かりたいという気持ちで、まず初めに志望の大学の過去問を解いて傾向を知り、英語は大串先生に言われた通りに勉強して、他の科目は授業中をしっかりと聞き、書店で自分がわかりやすいと思った参考書を何度も何度も繰り返しました。そうすると徐々に模擬テストで点数が取れるようになってきました。それでも志望の大学の判定はD判定やE判定でした。

正直僕は、志望の大学が受かりそうな気がせずに、その下の大学でもいいかなっていう気持ちさえしてきました。でも、友達に「行きたい大学を諦めて頑張ることを怠ったら絶対後悔するよ」と言われました。今ではその言葉を聞き入れて、しっかりと頑張って良かったと心の底からそう思います。

英語がグングンと伸び始め、センターの過去問でも英語が取れるようになってきて自信がつきはじめました。そんな中僕はセンターで失敗してしまい、直前の判定がD判定でした。それでも合格することができたのは今までやってきたことを信じて諦めなかったからだと思います。

最後に2つお願いがあります。まず、受験勉強はなるべく早くから始めたもん勝ちです。早ければ早いほどいいので周りよりも少しでも早く勉強を始めてください。それから、最後まで諦めないでください。それによって結果は変わってくるはずです。大学受験は高校受験ほど甘くありません。きついかもしれませんが、頑張ってください。応援しています。

戻る

佐賀県 吉野ケ里町の英語専門塾 グッドチャンスアカデミー(GCA) 大学受験 高校受験 英検 TOEFL TOEIC

Powered by Webnode